Hello Myself

ナカノシンジのBlog

総裁選

昨日、NHKで「100分de名著」という番組でやっていたのですが、面白いので興味のある内容だとみたりします。昨夜は「群集心理」というものをやってました。私たち民衆は群集にいる時は暗示を受けやすくなるらしいです。歴史的にもこの現象は説明がつくんだとか。なので、私たちは国やテレビからの情報操作的なものに、どうしても一定具合は流されてしまいます。

 

さて、総理大臣を決める選挙(自民党総裁自民党内で行うわけですけど)がありますよね。

普段政治なんて全く興味も意味もわからない、うちの子供たちも話をするぐらいですから、世の中的にも関心があることなのではないでしょうか。

 

僕は特に熱烈な支持政党があるわけではないですが、今は消去法で自民党なのかなぁと思います。しかも今回は地元広島の岸田さんが総裁選に立候補されているので、応援したい気持ちはあります。

 

僕の好みとしては、強烈なリーダーシップを発揮される人が総理大臣になってほしいと思っています。この強いリーダーシップが発揮される人は、独裁だ!危険だ!と言われますが、今の民主主義の日本のシステムの上での行動なので、そうはならないと思います。それよりか、裏でこそこそ陰湿なことをしている方が危険なんじゃないかと思ってます。


そういった意味で、今回の菅さんは物足りなかった。自ら説明しない。話をするときは原稿があるもの以外話さない。自分の考えというよりは権力者の顔色を伺った意見といった印象でした。官房長官のままだったという感じですよね。しかしこの一年のコロナ対応を中心とした動きは、大変だったしすごいことをされたと思うのですが、そう見えないし、成果が出なかったわかりにくかったということもあり、仕方がないのかなぁと思います。。


さて、この総裁選。

誰が良いとか、派閥で決まるのがイヤとか、数人の長老で決まるのがイヤとか

選挙のたびにそんな話が出てきます。

良くも悪くも、派閥は無視できない政治のシステムになってますよね。

最初に書いた、群集心理も働くのでしょうが、このコロナ禍で、我々にわかりやすく強いリーダーシップを発揮できる人にお願いしたいです。


最後に、ふと思ったのですが、僕だったら何派に所属するだろうか?

ボスを選べるとしたら、誰を選ぶだろうか?

 

今は

細田さん(安倍さん)、麻生さん、竹下さん二階さん、石原さん、岸田さん、石破さん

こんな感じですかね。

 

うーん、僕だったら、、

案外、麻生さんかも。。と思ったりしました。


みなさんはどうですか?